Jシリーズ

一般的に、これらの市場に設置されています。

  • セキュリティ&サーベイランス
  • オーディトリアム
  • スポーツ・エンターテイメント
  • デジタルサイネージ

一般的に、これらの市場に設置されています。

  • セキュリティ&サーベイランス
  • オーディトリアム
  • スポーツ・エンターテイメント
  • デジタルサイネージ

Jシリーズプロセッサー

簡単で手頃な価格のビデオウォールハードウェア

  • 最大4Kの解像度
  • 1つの筐体に複数の壁を搭載
  • ワープ&ブレンド処理基板

Jシリーズプロセッサーは、あらゆるビデオウォール用途に対応可能なI/Oアプライアンスです

Jシリーズ製品をあらゆる展開で使えるようにするコア技術「LightSpeed」。

Jシリーズは、ISO9001:2015に準拠した生産拠点で製造・組み立てられ、クラス最高水準の品質を維持しています。

J-Seriesのインストール構成

Jシリーズレンジ

J100モデル

コンパクトなビデオウォールプロセッサー

  • 最大8入力8出力の3モデル
  • 1ディスプレイあたり8ウィンドウ
  • Windowsベースのユーザーインターフェース
5
 J144J148J188
仕様
フォームファクター1 RU1 RU1 RU
最大入力チャンネル数4 (FHD)4 (FHD)8 (FHD)
最大出力チャンネル数4 (FHD)8 (FHD)8 (FHD)
ビデオウォール/シャーシ111
ソーススイッチング<=20ms<=20ms<=20ms
レイアウト<=20ms<=20ms<=20ms
消費電力150W150W150W
エーピーアイRS232/UDPRS232/UDPRS232/UDP
色空間RGB 4:4:4RGB 4:4:4RGB 4:4:4
カラーデプス242424
動作温度0°- 50°C (32°-112°F)0°- 50°C (32°-112°F)0°- 50°C (32°-112°F)
動作湿度<90%(結露なきこと)<90%(結露なきこと)<90%(結露なきこと)

J400

カスタマイズ可能な中型ウォールプロセッサー

  • 4K入出力
  • 1つの筐体に4つのビデオウォール
  • ワープ&ブレンド機能
5
仕様
フォームファクター4RU
消費電力550W
最大入力スロット数8
最大入力チャンネル数32(HD)または16(4K)
最大出力スロット数3
最大出力チャンネル数12(HDまたは4K)
リダンダントPSUオプション
  
一般技術
オペレーティングシステムなし
ビデオウォール/シャーシ4
カスタムレゾリューション出力と入力
色空間RGB 4:4:4
1色あたりのビット数8
ソーススイッチング<=20ms
ウィンドウの作成<=16ms
レイアウト<=16ms
動作温度0°- 50°C (32°-112°F)
動作湿度<90%(結露なきこと)
CPUボード
コンフィギュレーションRJ45 
エーピーアイTCP または RS232 
入力ボード
HDCP1.4 & 2.2
イーディーアイディーカスタムEDID管理
HD DVI入力ボードSL DVI-Iの4倍チャネル最大1920x1200x60Hz
3GSDI HDMI入力ボード4x チャネルの SDI最大1920x1200x60Hz
HD HDMI入力ボードHDMI 1.3の4xチャンネル最大1920x1200x60Hz
UHD30 HDMI入力ボードHDMI 1.4の2倍チャネル最大3840x2160x30Hz
UHD60 HDMI入力ボードHDMI 1.4の1倍チャネル最大3840x2160x60Hz
出力ボード
ディスプレイ技術LCD、LED、キューブ、プロジェクター、カスタムレゾリューション
HDCP1.4 & 2.2
HD DVI出力ボードSL DVI-Iの4倍チャネル最大1920x1200x60Hz
3GSDI HDMI出力ボード4x チャネルの SDI最大1920x1200x60Hz
HD HDMI出力ボードHDMI 1.3の4xチャンネル最大1920x1200x60Hz
UHD30 HDMI出力ボードHDMI 1.4の4xチャンネル最大3840x2160x30Hz
UHD60 HDMI出力ボードHDMI 2.0×2系統最大3840x2160x60Hz

J600

カスタマイズ可能な中・大型ウォールプロセッサー

  • 1つの筐体に4つのビデオウォール
  • CPUボードとPSUの二重化
  • 16ms レイテンシー
5
仕様
フォームファクター6RU
消費電力550W
最大入力スロット数14
最大入力チャンネル数56(HD)または28(4K)
最大出力スロット数5
最大出力チャンネル数20(HDまたは4K)
リダンダントPSUオプション
  
一般技術
オペレーティングシステムなし
ビデオウォール/シャーシ4
カスタムレゾリューション出力と入力
色空間RGB 4:4:4
1色あたりのビット数8
ソーススイッチング<=20ms
ウィンドウの作成<=16ms
レイアウト<=16ms
動作温度0°- 50°C (32°-112°F)
動作湿度<90%(結露なきこと)
CPUボード
コンフィギュレーションRJ45 
エーピーアイTCP または RS232 
入力ボード
HDCP1.4 & 2.2
イーディーアイディーカスタムEDID管理
HD DVI入力ボードSL DVI-Iの4倍チャネル最大1920x1200x60Hz
3GSDI HDMI入力ボード4x チャネルの SDI最大1920x1200x60Hz
HD HDMI入力ボードHDMI 1.3の4xチャンネル最大1920x1200x60Hz
UHD30 HDMI入力ボードHDMI 1.4の2倍チャネル最大3840x2160x30Hz
UHD60 HDMI入力ボードHDMI 1.4の1倍チャネル最大3840x2160x60Hz
出力ボード
ディスプレイ技術LCD、LED、キューブ、プロジェクター、カスタムレゾリューション
HDCP1.4 & 2.2
HD DVI出力ボードSL DVI-Iの4倍チャネル最大1920x1200x60Hz
3GSDI HDMI出力ボード4x チャネルの SDI最大1920x1200x60Hz
HD HDMI出力ボードHDMI 1.3の4xチャンネル最大1920x1200x60Hz
UHD30 HDMI出力ボードHDMI 1.4の4xチャンネル最大3840x2160x30Hz
UHD60 HDMI出力ボードHDMI 2.0×2系統最大3840x2160x60Hz

Jシリーズプロセッサー

 J144J148J188J400J600
HD/4K30出力4 HD8 HD8 HD1220
4K60出力610
HD入力4483256
4K入力1628
マルチウォールシステム--
リダンダントPSU--
ホットスワップ対応基板--
ワープ/ブレンダーボード--

光速テクノロジー

ユピテルの映像処理に関する最新技術はLightSpeedで、入力のキャプチャ、転送、表示、スケーリング、クロッピングを超高速で行うことを特徴としています。LightSpeed技術により、ソースからディスプレイへのフレーム転送は業界最速となる16ms以下を実現しました。各ディスプレイは、ソースの種類、解像度、フレームレートを問わず、最大4ウィンドウまでサポートします。また、この新技術により、ファームウェアのアップグレード、ホットスワップ、個別ボードの追加を行いながら、100%のアップタイムを実現し、24時間365日の信頼性を確保しています。ステータス・モニタリング・ダッシュボードは、ハードウェアの状態をリアルタイムで確認できるため、サービスやアップグレードのためにコンポーネントを交換することが容易です。

パワフルかつシンプル

すべてのソースの名前を変更し、ディスプレイに合わせてビデオウォールのジオメトリを設定するだけで、システムの設定は完了します。Webベースの設定・管理ツールにより、セットアップも簡単に行えます。

JシリーズはすべてHDCPに対応した24時間365日稼働のディスプレイウォールプロセッサーです。各モデルは、1つの筐体で最大4つの異なるビデオウォールに電源を供給でき、それぞれのウォールはユニークな形状と解像度を持ちます。あらゆる種類のソースを接続することができ、美しくインテリジェントなビデオウォールを実現します。OSレイヤーがないため、ウイルス、アップデート、ソフトウェアの互換性などの心配がありません。オープンAPIプラットフォームにより、サードパーティーによるタッチパネルや他の管理システムの制御が可能です。

ja